カレンダー

2006年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の投稿

random image
random image
random image
random image
random image
random image

アーカイブ

カテゴリー

リンク

その他

ブログ


 


« | Home | »



我が家にパワーマックG4がやって来た

投稿者: Hiroshi | 2006年 4月 25日 01:00 | パソコン | コメント無し

友人にPowerMacG4/400MHz(PCI Graphics)をもらった。ジャンクのようだが、とりあえず正常に起動できるようだ。このマシンはPowerMacG4の中でも最も初期のモデルといえる。

このようなマシンは世間的にはいまさらといった感じではあるが、じつは我が家には10台以上マックがありながら最もスペックの高いマシンがG3/400MHzだったので、今回我が家にやってきたこのマシンが初めてのG4マシン、そして最速スペックのマシンとなったわけだ。

とはいえ、さすがにそのままではスペック的に物足りないし、せっかくだからMacOSXもある程度快適に使いたいので、多少チューンナップをしてみることにした。

まずはMacOSXをインストールすることも考え、容量の小さい内蔵ハードディスクを交換することに。とりあえずソフマップで日立製80GBのバルク品が5千円台と手軽な値段で売られていたので購入。ついでに中古品で使えそうなものがないか見ているとUSB2.0のPCIインターフェイスボードが1000円くらいで売られていたのでこちらも購入。そして内蔵バッテリーがヘタっているといけないので、念のため交換用にこちらも購入。

家に帰ってからさっそく内蔵バッテリーとハードディスクを交換し、約20GBと残りで2つのパテーションに分けてHDDをフォーマット。そのうち約20GBのほうにMacOS9.1をインストールしてみた。とくに問題も起こらなかったので、MacOS9.2.2までアップグレードした後にUSB2.0のPCIカードを挿してみる。じつはこのカードはジャンク扱いだったのだが、きちんと認識されており、特に問題はない様子だ。(なお、このPCIカードはMacOS9.x上ではUSB1.1での動作のみに対応)

次に残りのパテーションのほうにMacOSX(Panther)をインストール。こちらも特に問題はないようなので、そのままバージョン10.39までアップデート。

そういえば、このマシンには640MBの内蔵MOドライブが取り付けられていたのだが、ドライバソフトがインストールされていないためか、MOディスクを入れても読み込むことが出来なかった。(いちおうハード的には認識されている)

関連した内容を含むその他の記事:



UMPC、Netbook本体、UMPC用キーボード、アクセサリまで。UMPCストア

コメント

下のSecurity Code入力欄には、
その右横の画像に表示されている数字を半角文字で入力してください。
※数字が読み取りにくいときは、画像の右にあるボタンをクリックしてみてくださいね。


+ 五 = 8