カレンダー

2006年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

random image
random image
random image
random image
random image
random image

アーカイブ

カテゴリー

リンク

その他

ブログ


 


« | Home | »



我が家にパワーマックG4がやって来た~その2

投稿者: Hiroshi | 2006年 5月 1日 02:00 | パソコン | コメント無し

PowerMacG4/400MHz(PCI Graphics)のチューンナップの続きである。
土曜日に秋葉原に行き、いくつかパーツを仕入れてきた。

まずはビデオボードである。このG4はAGPに対応していないので、PCIタイプのしか使用できず選択肢があまりない。たまたまソフマップで ATI社製の RADEON MAC EDITION(PCI)というビデオアクセラレーターカードの中古が8800円で売られていた。飛躍的な性能アップを考えると2万円程度で入手可能な RADEON 9200 Mac Edition あたりを付けたほうが良いのかもしれないが、とりあえずDVI出力が使えるようになるということで予算をおさえ、このビデオボードを購入した。

さっそく純正のビデオボードと交換してみたが、ドライバソフトをインストールしなくても一応問題なく表示された。念のため(というか性能を最大限生かすため?)ドライバソフトをインストールしておく。付属のCD-ROMにはMacOSXのドライバは収録されていないので、ATIのWebサイトから最新版のドライバをダウンロード、Webサイトにはファームウェアの更新ファイルもあったので、ついでにファームウェアもダウンロードし、ファームウェアの更新とドライバソフトのインストールを行う。こちらもとくに問題は無いようだ。

次にDVDドライブだ。もともと付いているドライブはCD-ROMドライブなので、これも交換することにした。6千円弱で販売されているPioneerのDVR-111Dを購入した。もとから付いているCD-ROMドライブを外し、DVR-111Dに交換、起動してみると無事認識され、ディスクもちゃんと読み込めた。書き込みに関してはまだテストしていないのでまたの機会に。

問題なのはDVD-Videoの再生だ。このモデルはもともとDVDモデルではないので、DVD-Videoの再生機能に必要なハードウエアが搭載されておらず、そのままではDVD-Videoの再生に対応していないのである。とりあえずMacOS9のほうはApple DVD Playerがインストールされているのだが、エラーが出てしまい起動できない。やはりハードウェア的に解決しないとダメなのかとgoogleあたりでいろいろと検索していると、MacOS9のApple DVD Playerで無理やり再生する方法が書かれているページにたどり着いた。とりあえずでその方法を試してみると、無事再生することが出来た。しばらく再生してみたがとくに気になるコマ落ちも無いようだ。ただ、ディスクによっては突然フリーズしてしまうといったケースもあったので、相性などの問題もあるようだ。

MacOSXでもDVD-Videoを再生してみようとApple純正のDVD再生ソフトをインストールしてみたが、こちらは何故か起動できない。他にフリーのソフトを2つほど試してみたが、処理が追いつかないのか動作が極端に重くとても使える状態ではなかった…。まあ、DVD-Videoは普通にDVDプレイヤーで見れば良いし、こちらは今後の課題ということでとりあえずあきらめる…。

他に中古の256MB(PC133)のメモリを購入したので試しに差してみたが、こちらは128MBとしか認識しなかった。片面実装タイプなので相性が悪いのか、あるいは対応していないのかもしれない。念のためDOS/Vマシンでも試してみたが、やはり128MBしか認識されなかった。もしかしたら、相性の問題とかいう以前に本当は256MBではなく128MBなのかも…?

関連した内容を含むその他の記事:



UMPC、Netbook本体、UMPC用キーボード、アクセサリまで。UMPCストア

コメント

下のSecurity Code入力欄には、
その右横の画像に表示されている数字を半角文字で入力してください。
※数字が読み取りにくいときは、画像の右にあるボタンをクリックしてみてくださいね。


七 − 4 =