カレンダー

2006年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の投稿

random image
random image
random image
random image
random image
random image

アーカイブ

カテゴリー

リンク

その他

ブログ


 


« | Home | »



ブラジルGP

投稿者: Hiroshi | 2006年 10月 23日 05:00 | F1 | コメント無し

今年のF1もこのブラジルGPで幕を閉じました。そして、今季でF1を引退するミハエル・シューマッハの最後のレース。一時はアロンソとのタイトル争いも逆転して優位にたちましたが、2週前に行われた日本GPではエンジントラブルによるリタイヤ、そして、このブラジルGPでもなんとか4位という結果を出したものの予選、決勝ともにマシントラブルにより厳しいレースに…。結果、タイトルを取ることはできませんでしたがシューマッハは最後まであきらめず、厳しい状況の中、最高のレースを見せてくれたと思います。これで引退というのは本当に残念ですね。

レースの結果は、フェラーリのフィリペ・マッサが完璧とも言える走りで堂々の優勝。あのアイルトン・セナ以来のブラジルGPでのブラジル人ドライバーの優勝です。そして、ルノーのフェルナンド・アロンソが2位に入り、ワールド・タイトル2連覇を決めました。3位には14位から怒涛の追い上げを見せたホンダのジェンソン・バトン。来季は再び「君が代」を聞かせて欲しいですね。

トヨタ勢は2台ともリタイヤと残念な結果でしたが、スーパーアグリの佐藤琢磨が10位完走とすばらしい結果を出しました。このチームはシーズン序盤は最下位からの離脱はなかなか難しい感じがしていましたが、シーズン後半になるにつれて少しずつ力をつけてきているので、来シーズンはとても楽しみです。ポイントを取る日もそう遠くは無いのではないでしょうか。

来年は皇帝ミハエル。シューマッハのいない、そして鈴鹿での日本GPのないシーズンとなり、私にとってはちょっと寂しいのですが、今から開幕戦を楽しみにしています。

関連した内容を含むその他の記事:



UMPC、Netbook本体、UMPC用キーボード、アクセサリまで。UMPCストア

コメント

下のSecurity Code入力欄には、
その右横の画像に表示されている数字を半角文字で入力してください。
※数字が読み取りにくいときは、画像の右にあるボタンをクリックしてみてくださいね。


× 一 = 9