カレンダー

2006年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の投稿

random image
random image
random image
random image
random image
random image

アーカイブ

カテゴリー

リンク

その他

ブログ


 


« | Home | »



iTunesで音楽CDを作成してみる

投稿者: Hiroshi | 2006年 10月 18日 01:12 | パソコン | コメント無し

iTunesを使って音楽CDを作成してみました。使用機種はPioneerDVR-111D(ファームウェア1.0.6)を搭載したPowerMacG4/400MHz(PCI Graphicsモデル)とマシンスペック的はあまり良い条件とは言えませんが、ソフトウエア的な環境としてはMacOSX10.4.8iTunes7.0.1と一応最新の状態です。

まず、あらかじめiTunesで取り込んだ曲を使ってCDに収まりきる曲数(時間数)でプレイリストを作成します。今回は7曲で約30分程のリストを組んでみました。そして、メニューから「プレイリストからディスクを作成」を選ぶとドライブのトレイが自動的にオープンするのでにメディアをセットしトレイを閉じます。

しばらくして書き込みが完了。無事書き込まれているか出来上がったCDをプレイヤーで再生してみましたが、とくにiTunesでの書き込みはこの程度のスペックのマシンでも問題ないようですね。今回の書き込みではとくに音飛びとかもありませんでした。もっとも長時間ディスクの使用やディスク一杯に記録するといったことは試してないのでどうなるかわかりません。多分大丈夫だとは思いますけどね…。

ちなみに音質はというと、今回書き込みに使用した音源はiTunesで取り込んだ時点で圧縮されているものなので、もちろんそれ以上の音質にはなりません。使用する音源にCDクオリティのものを使用すれば良い音質でも記録できるとは思いますが今回はそういった音源を準備してませんでしたので試していません。

ちなみにWindows版のiTunesも同様の手順でディスクを作成できます。

それから、この環境でのデータの書き込み、とくにDVD-Rへの書き込みもテストしたいと思っているのですが、まだ書き込みソフトをインストールしていないので、これはまた次の機会にということで…。

関連した内容を含むその他の記事:



UMPC、Netbook本体、UMPC用キーボード、アクセサリまで。UMPCストア

コメント

下のSecurity Code入力欄には、
その右横の画像に表示されている数字を半角文字で入力してください。
※数字が読み取りにくいときは、画像の右にあるボタンをクリックしてみてくださいね。


9 − = 三