カレンダー

2007年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

random image
random image
random image
random image
random image
random image

アーカイブ

カテゴリー

リンク

その他

ブログ


 


« | Home | »



メモリーを交換

投稿者: Hiroshi | 2007年 1月 8日 02:19 | パソコン | コメント無し

先日、デスクトップPCのマザーボードをASRockのP4i65Gに交換したが、以前使用していたマザーボードはメモリースロットが4本あったのに対して、このP4i65Gは2本しかないので、とりあえずPC2700/256MB×2枚(計512MB)で使用していた。しかし、もうちょっと容量を増やしておきたかったのでPC3200/512MB×2枚(計1GB)を購入した。

一時期よりメモリーの値段がちょっと上がってしまっているようで、PC3200/512MB×2枚で約1万3千円程度となんとか予算ギリギリのところ。このマザーボードはPC3200/1GB×2枚(計2MB)まで搭載できるが、それだと遙かに予算オーバーなので今回は断念。というか、512MBでもそれほど不便を感じていなかったので、おそらくそこまではいらないと判断。

で、早速家に帰って今まで装着されていたメモリーと交換してみた。とくに相性などの問題は無いらしく、BIOSではちゃんと認識されている。そしてWindowsXPも無事起動。システムのプロパティやシステム情報を表示するツールでもきちんと1GBと表示されている。

しばらく、いろいろと動かしてみる。今のところ動作的には特に問題は出ていない。
今まで使用していたメモリーはPC2700(256MB×2枚)だったが、今回交換した新しいメモリーはPC3200(512MB×2枚)なので、容量的にも速度的にもパワーアップしたわけで、画像や動画の処理などではパフォーマンスの向上にも期待できるところだが、今のところたいした作業はしていないためか正直なところその違いはよくわからなかった。

まあ、いずれその恩恵は受けることであろう…。

関連した内容を含むその他の記事:



UMPC、Netbook本体、UMPC用キーボード、アクセサリまで。UMPCストア

コメント

下のSecurity Code入力欄には、
その右横の画像に表示されている数字を半角文字で入力してください。
※数字が読み取りにくいときは、画像の右にあるボタンをクリックしてみてくださいね。


+ 8 = 十二