カレンダー

2008年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の投稿

random image
random image
random image
random image
random image
random image

アーカイブ

カテゴリー

リンク

その他

ブログ


 


« | Home | »



最近のデジカメって良いですね

投稿者: Hiroshi | 2008年 6月 17日 01:18 | デジカメ, 写真 | コメント無し

嫁さんが仕事仲間と旅行に行くというので、新しいデジカメを買うことになったのですが、予算的にはあまり余裕がない状況の中、どれを買おうかいろいろと調べてみるとキヤノンのPowerShotシリーズが値段のわりに意外と良いらしいということに。

そこで、店頭で実物を見た結果、その中でも比較的安いPowerShot A590 ISという機種を買うことになりました。

2GBのSDメモリーカードと液晶保護シート、それに三洋電機のeneloopという充電池も一緒に買って約2万6千円程。それにしても最近はこんな値段でデジカメ買えちゃうんですよね…。この値段で800万画素&光学4倍ズーム、そして手ブレ補正機能付きですからビックリです。(^^;

このPowerShot A590 ISはIXYシリーズなんかと比べると見た目はかなり大きく見えてしまいますが、実際にはグリップ部分のでっぱりを考えなければ一回り大きい程度とたいした差はありません。

ポケットに入れて持ち歩くのはちょっと無理があるかもしれませんが、カバンとかに入れる分にはそれほど邪魔になる大きさでもなく、むしろ、これくらいの大きさのほうが写真を撮るときは扱いやすいような気がします。撮影時のグリップ感も前面が平らなデジカメに比べるとはるかに良いですしね。

また、機能面も結構充実していて、オート撮影のほか、シャッター速度優先や絞り優先、マニュアルなど、シーンに合わせていろいろと設定できるので、使い込むとかなり高度な撮影が楽しめそうです。

それから、電源は専用の充電池ではなく単三形タイプの乾電池や充電池が使用しますから、バッテリーの残量がなくなったときに予備のバッテリーがなくても、コンビニなどで単三形電池を買えば良いので、こういったメリットもありますね。

肝心な画質のほうはというと、確かに800万画素クラスのデジカメだけあって、結構きめの細かい写真を撮ることはできるのですが、やはりこれは撮像板の小さなコンパクトデジカメです。DIGIC IIIという優秀な画像処理エンジンを搭載していますが、さすがにデジタル一眼レフで撮影した画像のような質感は望めず、100%表示で見るとどうしてもノイズが目立ち、ザラついた感じになってしまうのがわかります。

 

でも、ハガキやL版程度の大きさでプリントしたり、上の写真のようにWEBなどで使用するのに縮小して使うのであればノイズも目立たなくなりますから、普通に写真を撮って楽しむ分にはこれで十分のような気がします。2万円程度で買えるデジカメとしてはけっこう優秀なほうなのではないでしょうか。

なんといっても、このサイズでこの機能。それにデジタル一眼レフカメラに比べると気軽に使えますから、EOS Kiss Digital Xを持ち歩くのが億劫なときでも、これだったら持ち歩きたいと感じのカメラですね。

関連した内容を含むその他の記事:



UMPC、Netbook本体、UMPC用キーボード、アクセサリまで。UMPCストア

コメント

下のSecurity Code入力欄には、
その右横の画像に表示されている数字を半角文字で入力してください。
※数字が読み取りにくいときは、画像の右にあるボタンをクリックしてみてくださいね。


六 + 3 =